社会福祉法人東村山けやき会は、平成3年(1991年)に精神障害を持つ家族の方たちが子の将来を慮った厚い熱意の基に設立された法人です。
 東村山市及び市民各位の「思いやりの心」に育てられ、この社会資源がすべての障害者の社会復帰の基盤となって、けやきの木のように成長することを願うとともに、親なき後の障害の子たちの幸福を祈る家族の会の悲願が込められています。
 私たちは、精神障害をお持ちの方たちが、孤立から解放され、地域の中で、一人一人の特徴や個性を尊重して、自分らしい生活が安心してできるよう支援します。

 当法人は、この基本理念を基に次の3つの事業を行っています。
本文へスキップ

社会福祉法人東村山けやき会/東京都東村山市(障害福祉サービス事業所)

〒189-0002 東京都東村山市青葉町3-30-7
TEL:042-397-5966/FAX042-397-5969



お知らせ

2016年12月13日
平成28年度第2回自衛消防訓練を行いました。→当日の様子
2016年11月25日
東村山市役所駐車場壁画についてのご案内→ご案内
2016年11月4日
東村山市内社会福祉法人連絡会パネル展が開催されました→パネル展
2016年11月1日
ふれあい郷通信を更新しました!!→11月・12月号
2016年6月24日
平成28年度事業計画と現況報告書を公表しました。活動報告
2016年6月24日
平成27年度事業報告と決算報告を公表しました。活動報告
2016年6月11日
第32回地域交流卓球大会を開催しました!→当日の様子はこちら     

平成28年6月11日(土)東村山けやき会後援会、地域交流卓球大会実行委員会主催の第32回地域交流卓球大会を東村山市スポーツセンターで開催しました。大変多くのご参加をいただき、ありがとうございました。
2016年3月3日
消防署より自衛消防訓練 敢闘賞をいただきました。→表彰式
2016年3月3日
後援会ニュースを公開しました。→後援会
2016年1月10日
青葉町「新春ふれあい祭り」に参加しました!!→当日の様子
2016年1月5日
平成の里新年会を開催しました!!→当日の様子
2016年12月13日

2016年度 第2回自衛消防訓練を行いました!!

 

 



平成の里隊(隊長1名、隊員1名)により自衛消防訓練効果確認を行い、他の隊員は、事前訓練や本番の2名の行動を見学し教養を高めました、東村山消防署の指導のもと、利用者は近くの駐車場に避難しましたが、緊張の中、大きな混乱もなく避難し、講評を受けました。
今後もより一層、防災意識を持って取り組んでいきたいと思います。


2016年11月25日

平成8年下水道事業完成を祝し市内5施設にて壁画を造りました。当時はNTTと旧プレハブ市役所の境に設置されていましたが、いきいきプラザを造られた際に現在の場所に移設されました。しかし、西武線高架化のため取り壊しが決定されました。取り壊しが始まる前に過去の先輩方が作られた作品を是非ご覧ください。                                                                 

2016年11月4日

2016年10月26日〜11月1日の間いきいきプラザ1階ロビーにて、連絡会活動と加入法人のPRのため「パネル展」が開催され、当法人も参加いたしました。
                                                                 

2016年3月3日

2015年12月10日に27年度第2回自衛消防訓練を行い、本日、消防署より敢闘賞をいただきました。
今後もより一層、防災に対する意識を高めていきたいです。

            

                                                       
2016年1月10日

青葉町新春ふれあい祭りに参加しました。
けやき会のお隣、青葉地域センターにて、餅つき体験や昔遊び、紙芝居など、様々な催しが行われました。

餅にあんこやきなこをまぶしたり、トン汁や餅を配るお手伝いをし、地域の方々と楽しく交流させてもらいました。
美味しそうに餅やトン汁を食べる子供たちの笑顔はこちらまで元気をもらえますね!

今後も地域交流を通じ、けやき会として貢献できる事に進んで取り組んでいきたいです。

 
         


     

 <法人概要>
 社会福祉法人東村山けやき会は、平成3年(1991年)に精神障害を持つ家族の方たちが子の将来を慮った厚い熱意の基に設立された法人です。
 東村山市及び市民各位の「思いやりの心」に育てられ、この社会資源がすべての障害者の社会復帰の基盤となって、けやきの木のように成長することを願うとともに、親なき後の障害の子たちの幸福を祈る家族の会の悲願が込められた設立趣旨を活かし、精神障害をお持ちの方たちが、孤立から解放され、地域の中で、一人一人の特徴や個性を尊重して、自分らしい生活が安心してできるよう支援します。
 
 当法人は、この基本理念を基に次の事業を行っています。


平成の里

 平成の里は、就労継続支援B型事業を行っています。
 雇用されることが困難な精神障害をお持ちで通所可能な方に、必要な指導、訓練を行い、作業をしていただきながら工賃を支払うことにより、自立した生活を支援し、更に社会復帰を目指すことを目的としています。
 平成の里では、利用される方がともに働くことにより、生活リズムを整えながら、安心して通所ができるよう助言指導を行い、工賃と社会保障制度で自分らしい生活ができるようにすることを目指しています。
 利用される方の特徴や個性を尊重しながら、難易度を考慮して作業量と作業時間の割り振りを行っています。
 また、就労が可能な方には、就労支援センターとの連携を図っています。



ふれあいの郷

 ふれあいの郷は、東村山市から受託している障害者基本相談支援事業及び地域活動支援センターT型事業と指定一般相談支援事業及び指定特定相談支援事業を行っています。
 精神障害をお持ちの方やご家族の相談、利用可能な社会資源の紹介、生活支援、活用できる制度・手続きの方法などご本人等の意向、適正、障害の特性その他の事情に応じ、常にご本人等の立場に立って、各種相談を受けています。
 相談者が一人で悩まないよう地域の社会資源との連携を密にして、相談者のお一人お一人の生き方を尊重し、それぞれが自分らしい、安心と安定した暮らしができるよう、支援していきます。
 また、地域活動支援センターとして、余暇活動を通して個々人の関心を喚起し、喜びを感じられるよう、さまざまな プログラムを用意しています。



グループホームはぎやまはうす・グループホームむさしのはうす

 グループホームはぎやまはうす・グループホームむさしのはうすは、外部サービス利用型指定共同生活援助事業を行っています。

 精神障害をお持ちの方で、通院治療及び服薬を継続しながら作業所などへの通所が可能で、かつ、日常生活を維持することができる収入のある方に対して、一定期間共同生活の場を提供し、生活習慣を身に着けながら、地域社会の中で自分らしい生活ができるよう援助します。




   




バナースペース

社会福祉法人東村山けやき会

〒189-0002
東京都東村山市青葉町3-30-7

TEL 042-397-5966
FAX 042-397-5969